ソニックガーデン











-Headway Fuyuzakura-
冬に咲く桜をモチーフとした2019年冬桜モデル

Fuyuzakura:桜といえば春ですが、一度目は10月~1月に、そして二度目は4月に、年に2回花を咲かせる「冬桜」という桜の木があります。冬時期の花は、少しずつ咲き初め、少しずつしぼんでいくといいます。同じ桜と言えど、一度に咲き派手に舞い散る春の桜とは少し違う、控えめな印象をあたえる「冬桜」のイメージをギターに落とし込みました。いつもの桜とは違った印象の冬桜モデルを是非お試しください。2019年限定モデルでは、ボディサイドバックに、和材「ミズメザクラ」を使用しています。桜とは全く別の木材ですが、密な樹肌と材の様子が良く似ていることから"水目桜"と呼ばれています。
※ミズメザクラはカバザクラと同材です。

Advanced Rear Shifted X Bracing:ブレイシングには2017年より製品化されたARS(アドバンスドリアシフトブレイシング)を採用。ノーマルの位置から若干ブリッジ側に寄せたレイアウトであり、1音1音しっかりと鳴り響き、芯のある迫力のサウンドを実現。また、位置をブリッジ側へ寄せることでトップ材に対しての丈夫さも増しています。

Color:CN/WSB

-SPECIFICATIONS-
ボディ(トップ)
White Spruce
ボディ(サイドバック)
Mizumezakura(Kabazakura)
ネック
African Mahogany 1P
指板
Ebony
ナット
Oiled Bone
ブリッジ
Ebony
マシンヘッド
GOTOH/SG301 05 GG
スケール
628mm
ナット幅
43.0mm
ブレイシング
Scalloped Advanced Rear Shifted X Bracing
フィニッシュ
Thin Urethane
アクセサリー
ハードケース、六角レンチ、保証書

「納品のない受託開発」に取り組む"株式会社ソニックガーデン"の代表を務める倉貫義人のブログです。倉貫自身の言葉で、人材育成からマネジメントまで、ソニックガーデンの経営哲学とノウハウについて、日々の学びから記事にしています。

1 2 3 4 5 12 »